レンタルバイクで事故

a0001_003723最近ではバイクをレンタルする人が多くいらっしゃるようです。みなさんどんな状況でもってレンタルバイクしているのでしょうか。

レンタルバイクの魅力はいろいろあります。みなさんいろいろな種類のバイクに乗って楽しんでいらっしゃるようです。
 

更に、新しいバイクを購入する場合にも一体どういうバイクが自分に向いているのか判断するために一度レンタルバイクを利用するようです。

自由性

レンタルバイクの魅力は、更にいつでもレンタルすることのできる自由性にあります。
それほど日常生活でバイクを必要としていない人たちであっても、レンタルバイクで思い立った時にバイクをレンタルし、ツーリングや彼女とデートなどしたりすることができるのです。

更に、バイク旅行という発想ではなく、電車旅の先でレンタルバイクできるのも非常に魅力的です。
北海道など、自宅からバイクというのではなく途中からバイクに乗り換えて悠々とロードを走らせてみたいものです。

緊急時・メンテナンス

更に突然自分の所有するバイクが故障してしまった…という場合にもみなさんレンタルバイクを利用していらっしゃいます。

ご自身でバイクを持つのもいいですが、なかなか維持するのもメンテナンスも大変です。
持っているけど、それ程バイクに乗る機会がないとおっしゃる人もいます。
そういう人たちが一切バイクなしの生活を送ることができるかと言えば、やはり時々はバイクでツーリングしたいと考えるものなのです。

是非みなさんにレンタルバイクの魅力を知っていただきたいですね。レンタルバイクの存在が、あなたの日常生活をもっともっといきいきとした膨らみあるものとして影響を与えてくれます。

保険について

バイクをレンタルする人の中にはご自身でバイクを持っていないために何一つ保険に加入していない状態で運転される方もいらっしゃるはずです。
事故とは突然襲ってくるものなので、そのために何らかの手段は取らなければならないです。
万が一の時にも万全にサポートしてくれる会社があります。

レンタルバイクジャパンであれば安心ドライブが実現

レンタルバイクジャパンではレンタルするバイクすべてあいおいニッセイ同和損害保険の自動車保険に加入済みです。
任意保険によって事故を起こした場合に対人無制限、対物無制限、搭乗者傷害500万円、更に車両保険を受けることもできます。

しかし、レンタルバイクを使用するにあたってお客様にも注意していただきたい点はあるのです。レンタルバイクを利用する者のルールであり、ルールを守らないお客様は万が一の事故が起こっても保険の補償を受けることのできない場合も出てきます。

ご自身で保険を持っていらっしゃらない方によくあるのは事故に対しての認識の薄さです。バイクを運転するということはみなさん平等の事故に対しての認識は持っていただく必要はあります。

事故対応

まずは私達が優先しなければならないのは負傷者の救護です。
車輌は安全な場所へ移動させてください。
警察への届け出はお済みになったでしょうか。

届けでしたのであれば、しっかり管轄警察と担当者をメモしておきましょう。
相手が話ししても問題ない状態であったら住所氏名などを確認して下さい。
その後、レンタルバイクジャパンへその事実を伝えて下さい。
警察で交通事故証明の取得も必要になります。

レンタルバイクジャパンでは車両整備にも万全を心掛けておりますが、予想できないトラブルも起こる可能性はゼロではありません。レンタルバイクに異常があった場合には、すぐに運転を中止して店舗またはロードサービスへ連絡しその指示に従うようにしてください。

バイクで遠出しよう

そろそろツーリングしたくなる季節なのではないでしょうか。
しっかりバイクのマナーも理解して、楽しいツーリングに挑戦していただきたいですね。
旅もツーリングによる旅ならひと味もふた味も違った演出をすることができます。
バイクで自然な風を是非とも感じていただきたいですね。

最近では都会にいれば暑さや寒さしか感じなくなってしまったのではないでしょうか。
都会ではその間にある風を感じなくなってしまったのです。
バイクでツーリングこそ私達は季節を感じることができる手段なのです。

一度レンタルバイクでツーリング計画をたててみようではありませんか。バイクで都会と都会の隙間をすり抜けていくのです。

バイク保険について