盗難されたバイクで事故を起こされた

盗難されたバイクで事故を起こされた場合、バイクの所有者は被害者に対して責任を負わなければならない場合もあります。
もしもあなたがバイクの管理を怠っていたためにそのような事故に繋がったと判断された場合あなたにも過失があると判断される場合はあるのです。

盗難されてしまったことに対して所有者の責任はゼロではなく、キーはしっかりかけてあったのか、警察にはすぐに届けを出してあったのか責任はいろいろと追及される問題です。

中にはキーをかけないまま使用もしていないために意識から忘れ去れたバイクもあるようですが、明らかにそのバイクが盗まれて事故でも起こされてしまったら所有者にも過失はあります。

実際には所有者に管理の問題があるなしに関わらず盗難が発覚したらすぐに警察に届けを出すことを心掛けるようにしてください。中にはすぐに警察に届けがあり、それ以降何日か経過して事故が起こったために責任追及がそれ以上されなかったケースもあります。

しっかり保険に加入している人は、保険会社の保険金で被害者に対して支払いされる訳ですから別に痛手はないと思うもののやはり納得はできないものです。
保険の支払い等級が変わってしまい、保険支払額が高くなってしまう可能性もあります。

あなたに責任が問われないよう日々しっかりした管理は心掛けましょう。
管理が万全ならあなたに賠償請求が来ることはないはずです。

このような場合事故被害者の加入している保険会社から保険金が下りる場合もあります。
更に政府保障事業から救済される場合もあります。
政府保障事業とは、被害者が適切に保険を受けることができないと判断された場合、国土交通省が被害者を救済してくれるものです。
政府保障事業の場合でも自賠責保険程度の補償を受けることができます。

バイク保険について