高速道路を150ccバイクで走るのはキツイ!

排気量ってかなり走りに差がでます

125㏄のバイクの乗って、その後排気量の多いバイクに乗ると安定性などがあり、特に高速走行は最高に気持ちがいいです。
150㏄バイクが持っている、でも125㏄バイクが持っていないというものといえば、やはり高速道路を走行する権利です。
他県へ移動する際に、長距離のツーリングなどに行くと、下道オンリーで行くよりも高速走行をした方が到着時間も早くなります。

150㏄バイクは高速走行ができるとはいえ、高速走行で長時間走るというのは本当にきついことで、もしも150㏄バイクで高速走行を長時間走らなければならないという場合、それなりに疲労覚悟で行かなくてはなりません。

横風に弱すぎる

例えば愛知から西日本方面に向かう場合、伊勢湾岸自動車道などを通ります。
こうした湾岸道路はかなり風が強く、ひどい時には直進するのがつらいくらいです。
いきなり突風が吹いてくるという事もあるので、ぐらっと転倒しそうになったりしてかなり怖い思いをしたという人も少なくないでしょう。

高速道路で転倒した場合、後続車両もかなりのスピードで走ってきますので、後続車にひかれて命があればいいというくらいの事故になることは間違いありません。

カウルなしのネイキッド、オフロードの場合、正面から受ける風もかなり強くなるので、これも辛いです。
排気量150㏄はバイクの中でも軽いバイクとなるので女性などには向いていると思いますが、やっぱり高速走行は怖いという事を理解しておくべきです。

人が乗っても総重量が低い

大体130㎏位の重量のバイクです。
そこに大人が乗って200㎏位でしょうか。
タイヤもクラス相当ではそれほど重いものを使いません。
タイヤの接地面積も少なくなりますし、車両重量も低くなります。

こうしたバイクの特徴ですから、当然、強風が吹きやすい高速道路を走るとハンドル操作に戸惑いますし、風邪への対応、またバイクを押さえつけるようにしないと吹っ飛びそうになり、かなり神経を使ってバイクに乗ることになります。

体力がない人なんてかなり体力を持っていかれます。

この150㏄クラスのバイクは、やはり、街中で走るバイクというイメージで、フルカウルといっても高速で走るのは苦手な車と考えておく方がいいでしょう。
曲がり方もひらっと曲がるので、安定したいときにもぐらつきを感じて怖い思いする事もあります。

また出力としてもノーマル状態では16馬力くらいがせいぜいという状態なので、走行速度100kmまでという事でも、150km位は出せる能力がないと、かなり走りも辛くなります。
追い越し車線を走行する事が難しいという面もありますので、高速を走るには不向きな排気量のバイクと考えておく方がいいでしょう。

バイク保険について