バイクで半袖・ハーフパンツはダメなの?

バイクは半袖で乗ってはいけない?

バイクに乗っている人を見ると、ほとんどの方が夏でも結構な厚着をしていて、しかもハーフパンツなんて履いていないし、靴もブーツなどしっかりとしています。
夏なのに・・・と思いますが、バイクは自動車と違って体の周りを守ってくれるものがありません。
そのため、バイクに乗るときに自分を守るためには、頭はヘルメット、足は靴、そして体は洋服で守るしかないんです。

体が露出しているバイクは、転倒した場合、半袖、ハーフパンツだとちょっとした転倒でもかなりの怪我になってしまう可能性があるのです。
それに走行中、外部から飛んでくるものもあります。
虫、飛び石、こうしたモノからも長袖なら皮膚をしっかりガードできます。

半袖でも薄いとそれほど変わらない

半袖でも長袖でも、実は洋服が薄いものだとそう変わりがありません。
遠乗りしているバイクの方などは、皮やかなり厚い生地の洋服を着ています。
こういう格好ならバイク事故の時も皮膚を護るという事になると思いますが、長袖のTシャツなど薄いものだとそう変わりないというイメージです。

転送すると長袖でも結局道路に擦って破れてしまうので、同じという意見もあります。
ただ、長袖を着ていないとずっと風に皮膚がさらされて、皮膚の露出が多い方が疲れやすいという事もあります。

リスクは自分でよく理解して

半袖でバイクに乗るのはダメ、という事ではありません。
ただ、リスクを自分でしっかり判断してほしいのです。
若い人は安全を期して長袖がいいという事も素直にいえないでしょう。
ファッション的に考えると、やはり夏はTシャツにジーパンで颯爽とバイクに乗るというイメージがあります。

バイクは自由に楽しむことができるのですが、自己責任の乗り物であり、何が起ころうとも、責任は自分にあります。
リスク管理という事をしっかりと考えて、自分の命は自分で守るという気持ちをもってバイクに乗ってほしいです。

ハーフパンツについて

半袖についてはリスクを自分で考えるという事でいいのですが、ハーフパンツはやっぱり危険です。
マフラーに足がついてしまえば非常に危険です。
かなりのやけどになります。

バイクで転倒したことある人ならわかると思いますが、やけどしますし、ひざが地面につくと膝の肉も持っていかれます。
出来れば、厚みのあるパンツ、ジーパンなど、強い生地のパンツをしっかり履いてほしいと願います。

ハーフパンツだと、色々なけがが予想されますので、これもリスクは自分で・・・という事になりますが、歩くことができなくなったり、大きな事故につながる事もありますので、怪我の程度をひどくしないためにも、ハーフパンツはやめた方がいいでしょう。

バイク保険について