アクサ

アクサの保険

ここではアクサのバイク保険について紹介していきたいと思います。
アクサで販売されているバイク保険の名前は「リスク細分型バイク保険」というものです。
こちらのバイク保険の特徴として、契約者に画一的なものではなく、ひとりひとりのライフスタイルに合わせた保険を提供する、ということが挙げられるでしょう。

人によってバイクの乗り方というものは違います。
毎日のように乗る人もいれば、休みの日だけに乗る人も居るでしょう。
それぞれにリスクが違っていますから、必要となる保険のレベルにも当然違いがある、というのがアクサのバイク保険の基本となる考え方ということです。

まずはバイクの使用頻度によって保険料が変化します。
日常的に利用する場合には運転頻度が高い分事故やトラブルなどのリスクも高いことになりますから、その分だけ保険料が高くなる制度設計です。
対して休日のみの利用である場合については、運転頻度が低く事故リスクも低いために、保険料を安く抑えることが出来る、というシステム設計となっています。

次に、運転免許証による保険料の変化があります。
無事故無違反のゴールド免許である人は、その分安全な運転が可能であり保険効果の発生の確率が低いために保険料が低く設定されています。
逆に免許証の色が下がってしまっている場合については、それに応じて保険料が高く設定されることになりますので注意が必要となります。

三つ目は走行距離です。
日常的に利用する場合とレジャーで利用する場合の違いもさることながら、その結果どれぐらいの距離をバイクで移動するのか、というのもやはり事故やトラブルのリスクに直結する問題だといえるでしょう。
走行距離というのはバイクの寿命に直接的に関係しているものでもあるため、ここにおいても保険料の変化が発生します。

長距離を運転するほど保険料は高くなり、しないほど安くなるというのが基本となっています。
アクサを利用するのであれば、あまり運転をしない人の方が特になるわけですね。

他の条件

その他に保険料が変化する要素についても紹介していきます。
まずは利用する地域が関係しています。
事故を起こしやすい場所(豪雪地帯)などで運転をする場合についてはその分保険料が高く設定されます。

また、年齢も保険料を上下する要素の一つです。
年齢別事故率と照らしあわせて保険料が変動することになりますので、注意するようにしましょう。

そして最後に排気量による変化です。
排気量は125ccを境目にして上下で判断されます。
排気量が低いバイク程事故を起こした時に深刻化し易いという理由から、保険料が上がる用に設定されています。

基本的にリスクと保険料が一体となっていると考えると良いでしょう。

バイク保険について