自損事故に対して

自損事故とは、 相手に何ら責任がなくて自分が怪我してしまったり、死亡してしまたったりというケースを言います。
相手がいなくても建物、ガードレールに衝突して怪我もしくは死亡する場合もあります。

自損事故の場合、もしもあなたが自賠責保険だけ加入しているのであれば一体何を補償してくれるのでしょうか。
自賠責保険とは対人補償のみの保険です。したがって、自損事故では一切自賠責保険だけでは支払いはありません。
自損事故は運転者の過失100パーセントです。
自分の過失で起こしたことはあきらめて自分で支払いしなければならない問題でしょうか。

しかし、保険とはそういう時に運転しているあなたをも守ってくれるものであるべきです。
したがって強制加入である自賠責保険は何ら運転手であるあなたに対して効力を発揮してくれないものなのです。

自損事故も決して起こらない事故ではありません。自損事故を踏まえて再度保険について再検証する必要があります。

まず、任意保険の中の自損事故保険であれば自損事故による損害を填補してくれます。

自損事故保険はほとんどの場合対人補償保険の自動セットですが、更に任意保険には人身傷害補償保険があり、オプションで加入される方が多くいらっしゃいます。

人身傷害保険と自損事故保険は非常に似ています。
違いは保険金の違いですよね。
人身傷害保険の方が自損事故保険をカバーするような形で存在すると考えていただければよろしいかと思います。
自損事故保険の場合上限は、死亡保険であっても1名に対して1,500万円です。人身傷害保険なら補償金額は無制限まで選ぶことができます。

更に搭乗者傷害保険があります。
人身傷害保険に加入している場合、自損事故保険から同時に支払いされるということはありませんが、搭乗者傷害保険の場合、それぞれ別に支払いがおこなわれます。
保険を手厚くするという意味では同時加入も有効的ですが、一般的にはどちらか一つを加入していらっしゃる方が多いようです。
搭乗者傷害保険の場合上限は2,000万円です。

更に搭乗者保険と人身傷害保険には保険金算出方法に違いがあります。
搭乗者保険の場合、定額払いで、人身傷害保険の場合は実際に実損払いです。
搭乗者保険が定額であらかじめ保険額が決められている一方で人身傷害保険の実損払いは、事故の案件に対して、実際の損害額を具体的に計算していくものです。

バイク保険について