対物事故に対して

もしも自動車事故を起こしてしまったら、やはり自賠責保険では物足りないです。

自賠責の限度

自賠責保険には、限度額があり、後遺症が残ってしまった場合、自賠責保険でも限度額は4,000万円となる訳ですが、実際には、2億円に達する裁判事例も非常に多くなっているのです。

2億円と言えばとても普通の人がすぐに用意できる額ではありません。
自賠責保険は対人に関して最低レベル補償する保険と考えてください。
任意保険は対人賠償が無制限なので万が一のために自賠責保険と合わせてしっかり加入していただきたいです。

対物賠償

更に任意保険で抑えたいのは対物賠償です。対人の所有であるものに損害与えた時に発生する損害賠償のことです。

そこに対人賠償があり更に対人の車に積んでいた商品の損害賠償ということだけではなくて、例えばタクシーの運転手を怪我させてしまったことによってタクシーの運転手は仕事ができなくなってしまう訳ですが、そういう場合には対物賠償によって休業補償分が支払いされることになります。

このように対人と対物は区別されるのですが自賠責保険の方で補償してくれるものは対人補償のみであって、対物補償の方ではありません。

任意保険の必要性

ケースを検証すると、段々と自賠責保険だけではなく任意保険の必要性もしっかり感じとっていただけるはずです。

横断中の人を傷つけてしまったら対人賠償という点で非常に判りやすいもものの、 実際に交通事故を考えただけでもケースは対物を含んだものが多いです。

自動車の衝突事故になれば、まさに対人事故であり、相手の車を傷つけてしまう対物事故になってしまう訳ですから、いかに任意保険の対物補償が大事であるか理解していただけるのではないでしょうか。

ペットに対する補償

対物補償はあなたの可愛いペットにも有効的です。ペットが飛びだしてきた車によって被害を受けてしまった時も、任意保険の対物補償ならしっかりと保険金を受け取ることができます。

しかし、中には飼い主の方が逆にペットはものではないと憤慨される方もいらっしゃるようです。
なかなか難しい問題ですが、ペットを愛する人たちは、やはりペットを家族の一員と考えることでしょう。

現在では、ペットを対物としてではなく同乗のペットが被害受けたと捉え補償してくれる特約も登場しているようです。

ペットを愛する人たちは車にペットを連れて移動する機会も多いはずです。更に既にそういう特約保険に注目していらっしゃるようです。

バイク保険について