搭乗者に対して

搭乗者とは、車に乗っている人すべてに対して使う言葉です。
運転者+同乗者が搭乗者です。

搭乗者を守る保険が、搭乗者傷害保険であり、人身傷害保険、更に加害者の加入している対人補償ということになります。

搭乗者保険と人身傷害保険の違いは、搭乗者保険の場合、最初に契約時に決められた定額が支払いされるのに対して、人身傷害保険は、実際に損害額を基本として保険金が支払いされる方法を採用している点です。

搭乗者保険は、治療中であっても定額による保険金を受け取ることができます。
ただし、搭乗者保険は定額で判りやすいかもしれませんが、定額であるため治療費が莫大にかかってしまった時に搭乗者保険だけでは賄えきれないケースが出てくる可能性もあります。

更に搭乗者保険には様々な場所に傷害負った場合に、すべての症状に対してあらかじめ定められている保険金を受け取るというのではなくて、保険金の高いものをのみ支払いするという選択基準を作っている保険会社が多いようです。

人身傷害保険の場合示談交渉に関係なく、保険会社から保険金を受け取ることができます。
更に損害額を計算して支払いされるために、実際にかかった損害レベルのお金が支払いされます。

自動車事故の被害者であり加害者の対人賠償で補えるケースなら問題ありませんが、もしあなたが加害者ならただ任意保険での対人賠償ではあなたに対して保険金はおりません。

自損事故保険が対人補償保険とセットになっていることもあるようですが、ちょっとそれだけは不安が残ります。
搭乗者を守るために手厚く搭乗者保険、人身傷害保険両方同時加入している方も多くいらっしゃるようです。

バイク保険について