損保ジャパン

損保ジャパン

損保ジャパンのバイク保険は損害保険という扱いで行われています。
そこでここでは、損保ジャパンのバイク保険の保障内容について紹介していきます。

まず第一の保障となるのが、対人賠償責任保険です。
対人事故を起こしてしまい、相手に怪我をさせてしまったという場合には、場合によっては高額の医療費や後遺症に対する介護責任料などの支払いを行わなければならなくなります。
この保険効果ではそれに対する保障を行ってくれるということになります。

具体的な内容としては、支払うべき損害保険賠償責任額から自賠責保険による支払い額を差し引いた額ということになります。
示談や訴訟などに際して必要となる費用についてもこちらの保険効果でカバーしてくれるようになっていますので、事故を起こしたとしても泥沼になってしまう可能性を軽減することが出来るでしょう。
ただし、これらの仲介料関係については保険会社に確認を行い了承を取っていなければ支出されませんので注意しておきましょう。

付属するサービスとして、示談交渉代行サービスがあります。
損害賠償請求を受けた場合の示談について損保ジャパンが代行してくれるというもので、プロによる代行なので安心して任せることが出来るでしょう。

第二の保障となるのが対物賠償責任保険です。
これは相手が人ではなく物の場合の事故に対する備えということになります。
相手の自動車などを破壊してしまうような事故を起こした場合、その修理費や弁償費などを支払う必要があり、この保険ではそれを肩代わりしてくれるということになります。

ただし、保障効果には制限があります。
一回の事故で損害賠償が10億円を超える場合はそれ以上の支出を行う事は出来ません。
また、契約中のバイクを積載している際に爆発などが起こってしまい、それで大きな損害が出た場合などについては全額を保険会社から支払うということは出来ません。

こちらの保険についても示談や訴訟に必要な費用についてもカバーしてくれるようになっています。
示談交渉の代行についても行っているので、様々な場面で活躍を期待することが出来るでしょう。

自分への保障

相手だけではなく自分への保障もバイク保険としては必要な所です。
損保ジャパンのバイク保険では自身が障害を負った場合についても保険が支払われるようになっています。
入院日数が4日以内なら1万円、それ以上の場合には怪我の程度に応じて最大100万円が保険として支出されるようになっています。

万が一脂肪してしまった場合については、すでに支払われている後遺障害保険金については差し引きした上での支払いとなる点には注意が必要です。
手厚い保証が期待出来るのが損保ジャパンのバイク保険となっています。

バイク保険について