自賠責保険の更新方法

昔に比べて更新が楽になった

自賠責保険の更新方法ですが、以下のような方法で更新の対処が行えるようになっています。

まず、自賠責保険の更新方法は指定の方法で行うだけで良いのですが、一般的な対処方法はコンビニ、もしくはインターネットのみで更新可能となっているので、これらの方法で対処すると良いでしょう。
自賠責保険の更新方法というと、人によっては、電話連絡が必要となる、書類のやり取りが必要となる、このように思われている人もいるのですが、今ではこのような対応を取るケースが減ってきています。

というのも、クレジットカード1枚で本人確認、そして自賠責保険の更新で発生する費用の支払いをまとめて行えるからです。
ちなみに、このような対処方法は自賠責保険の保険会社でも案内しているため、今ではメジャーな対処方法として有名になりました。

また、自賠責保険の更新で必要となる書類は、原付バイク、軽二輪で違っているため注意が必要です。
原付バイクの場合は、標識交付証明書、契約中の自賠責保険証明書が必要となります。

必要となる書類の案内については、自賠責保険証明書ではなく、自賠責保険共済で案内されていることもありますが、自賠責保険証明書と自賠責保険共済は同じものですので、勘違いしないように注意してください。
そして軽二輪の場合は、自動車検査証、契約中の自賠責保険証明書が必要となります。

補足となりますが、スマートフォンを利用する場合も、本人確認書類、もしくはクレジットカードが必要となるケースが多いです。
スマートフォンのみで契約、更新可能な保険も存在しますが、自賠責保険の更新では、確実に本人確認を行えるものを要求されるため、スマートフォンのみでは更新できないこともあるのです。

自賠責保険の期限切れに注意したほうが良い

更新において注意するポイントですが、バイクの自賠責保険は期限切れに注意することが大事なので、期限が切れていないかチェックした上で、更新手続きを進めるようにしましょう。

なぜこのようなことに注意するのかというと、人によっては、バイクに乗る回数そのものが少ない人もいるからです。
このような状況に陥っていると、ついつい自賠責保険の更新を忘れてしまうのですが、自賠責保険の更新は法律によって定められているため、期限切れバイクを運転すると法律によって罰せられます。

久しぶりにバイクに乗って交通事故を起こしてしまい、その後、期限切れバイクに乗っていることが発覚した・・・というケースは、年々で増加傾向にある大きな問題なのです。
しかも、莫大な損害賠償請求が発生することもありますし、その請求についても、すべて自分で対応しないといけません。

このようなトラブルもあるので注意してください。

バイク保険について