日新火災海上のバイク保険

現代らしい補償内容が特徴的

日新火災海上の公式ホームページを確認すると、特徴について書かれているのですが、こちらには、「盗難も事故も車両トラブルもまとめてお守り」という案内が掲載されています。

どういう特徴があるのかというと、盗難に対してバイク保険の補償が付与されるということです。
バイク保険であれば、このような補償が自動的に付与されると勘違いされている人もいますが、実際は、一部のバイク保険のみ対応可能となっているだけです。

ちなみに、このようなバイク保険は最近になって、標準の補償範囲として認識されるようになってきました。
しかし現代では、バイクを専門的に盗むような人もいますし、そのため、バイクの補償をもっとしっかりして欲しいという意見が増えてきたのです。

そこで日新火災海上は、盗難に対しても補償範囲とするようになりました。
そのため、今ではトップクラスの顧客満足度を誇るバイク保険になったのです。

その他の特徴としては、日新火災海上は事故についても手厚い補償ありとなっています。
そのため、事故で相手を死亡、もしくはケガをさせてしまった場合であっても、状況に応じた治療費、相手の車や物を壊してしまった場合であれば、必要となる修理費なども補償されるようになっているのです。

また日新火災海上であれば、車両トラブル時に必要となるロードサービスも付いてきます。
このようなサービスは自動車保険であれば珍しくないのですが、バイク保険ではまだまだ認識されていない補償の一種で、日新火災海上であれば、気を利かせて事前に車両に関するサービスの有無も案内してくれるのです。

手厚い補償で有名なバイク保険

日新火災海上は対人、対物の特約、補償がセットとなっているのですが、その他にも便利な特約、補償がセットとなっています。

例えば、日新火災海上であれば治療費だけでなく、看護費もセットになっています。
看護費について知らない人のために説明すると、看護費は付き添い看護人に対してかかる費用のことで、日新火災海上はこのような費用も補償範囲内となっているのです。

その他にも、休業損害と呼ばれている、事故によってお仕事を休まれた場合の収入の減少分についても補償され、しかも日新火災海上であれば、精神的損害で発生する慰謝料についても、特約、補償を通じて対応されるのです。
補償範囲内では一般的とされる通院の際の交通費も、必要かつ妥当な実費が計算されるようになっているため、補償学が小さいというものでもありません。

日新火災海上は車両保険の特約も用意されているので、事故で発生したバイクの修理費用も対応可能となっています。
このようになっているため、いざという時の事故に対応しているバイク保険なのです。

バイク保険について