対人事故に対して

自賠責保険に入っているから任意保険に入ることは必要ないと思っている人も多くいらっしゃるのではないかと思います。
しかし、正確に言えば自賠責保険では不十分です。

自賠責保険について

自賠責保険は、対人に対して補償してくれる保険になります。
ならば対人補償に関して任意保険は少なくとも必要ないという考えにもなってしまう訳ですが、実際に自賠責保険で対人が保証されるにしても自賠責保険には限度額があるのが特徴なのです。
自賠責保険では、対人が怪我した場合は120万円、 死亡で3,000万円、障害で最高4,000万円になります。

事故を起こしてみないと実状はなかなか見えてこないものですが、実際の事故ではこの額を上回るケースが結構起こっているのです。
実際に対人が死亡してしまったケースではなかなか3,000万円で収まるケースも少ないです。
実際に働き盛りの人を死亡させしまった場合には、損害賠償額が1億円超えることもあります。

任意保険の必要性

ですから、自賠責保険の他にプラスアルファな保険が必要になります。任意保険があれば、自賠責保険の限度額のためオーバーになってしまった保険金額を補って支払いしてくれます。任意保険における対人賠償は無制限です。

更に自賠責保険と任意保険の人身事故に対しての考え方の違いは、自賠責保険では自動車の運行においての人身事故を対象としています。
つまり自分の自動車を運転している過程で対人事故が起こってしまったケースです。

任意保険の場合は、それとは違いかなり考えも幅広く、自動車の所有において原因となる諸々な対人事故に関して損害賠償を補償してくれています。

あまり多いケースではありませんが、例えば車が突然駐車中に炎上してしまった場合の対人補償も、任意保険では賠償請求対象内ということになります。
自賠責保険は運行の視点に、任意保険は車の所有者管理の視点に立っているのです。

自賠責保険は賠償額に限界があり、適用される範囲にも限度があります。なので、任意保険がその限界をしっかりサポートしてくれるのです。

バイク保険について