250ccの相場チェック

250ccバイクに乗っている人たちは自動車保険はどうしているでしょうか。
バイク任意保険は、乗る人の年齢、等級だけでなくリスクによって支払いしなければならない保険料が変わって来ます。

250ccバイクは、 やはり性能と同時にスピードアップが期待出来るゆえ、事故率も高まって行くことになります。
バイクの任意保険の場合、乗る人たちのリスクによって保険料が変化して行きます。

ここでは運転している人たちが21歳の場合どうかということを検証して行きます。
被保険者なし家族以外の運転、他の親族・子供の運転なし、 年間走行距離は8000km以上、9等級で、補償内容対人賠償:無制限、 対物賠償:2000万円、 搭乗者傷害保険:200万円、 人身傷害補償なしで、車両保険なし、21歳以上補償で、 3万750円、2万1990円、1万8850円と言ったそれぞれ保険会社の額となります。

やはり任意保険は、 125ccバイクと比較して高くなったということを否定は出来ません。
そして保険会社それぞれを比較すれば、1万円以上の差があり、どの保険会社を選択するかと言うことも大きなポイントです。

若い人たちの方が事故を起こしやすい

250ccバイクは16歳でも免許を取得することが出来る訳ですが、21歳未満の人たちが250ccバイクを運転するとなればやはりリスクが高いと思われてしまうようです。
必然的に保険料は多く支払いしなければなりません。

しかし多いと言ってもどの程度多いのでしょうか。
全年齢補償において、 4万8610円、3万2960円、 3万4270円と言うのが、それぞれ保険会社の見積もり額のようです。
確かに高いことは高いですが、若い人たちはリスクを多く抱え持っていることも事実であり、万が一のことを考えても任意保険のことまでしっかり考えてバイクに乗るべきと言えます。

自賠責保険では足りない

自賠責保険もしっかりした保険は保険ですがいざと言う時に自賠責保険だけでは全然足りないです。
保険金は被害者1名に付き対人賠償のみ補償、 死亡時は、限度額3000万円、傷害時は限度額120万円、後遺障害は、限度額4000万円、ただし、 このお金は被害者に対してのみ支払いされるお金です。

被害者のみとしても実際に事故が起これば保険金が1億円以上になることはざらのようです。
若い人たちだからいいと言うことではなくて、若い人たちだからこそ自賠責保険だけでなく任意保険のこともしっかり考えていかなければならないのです。

しかし若い人たちはどう言っても、お金がないという事情もあり、自賠責保険に入るのが精一杯でどうしても任意保険を無視してしまう傾向を回避することが出来ません。
バイクに乗るためにしっかりルール・マナーを守ると言うことは事故を起こさない為には当然のことですが、任意保険に加入すると言うこともルール・マナーの一つなのです。
任意保険は敢えて言えば絶対に加入しなければならない保険です。

Comments are closed.

バイク保険について