保険の選び方

自動車保険って絶対にバイクに乗る人たちも関心をもって接していかなければならないものです。
バイクに乗っている人たちが自賠責保険で大丈夫と思っているケースもあるようですが自賠責保険だけでは不十分です。
敢えてしっかりと任意保険に加入するべきです。

交通事故は残念ながら必ず起こるもの

実際に免許取得にもお金がかかりますし、バイク購入にもお金がかかります。
ついつい保険のことは考えないと言うのも仕方ないことなのでしょうか。

自動車損害賠償責任保険つまり自賠責保険は絶対に加入しなければなりません。
しかし自賠責保険はいざという時に何を保障してくれるのかと言えば、人身事故オンリーしか補償はしてくれません。

補償額は傷害120万円、死亡3000万円が上限ということであり、実際に現実では、億単位の事故が日々起こっているのです。
現在の交通事故の現状を考えても、自賠責保険だけでは不十分と捉えるべきです。

交通事故は残念ながら必ず起こると考えてください。
任意保険に加入していないばかりに、事故を起こした後延々と数億円の借金を返済していかなければならないことになります。

任意保険は保険会社によって違う

自賠責保険なら料金が一律で大変判りやすいものの実際に任意保険に加入しようと思った時、料金が保険会社によって違いなかなか判りづらいというのも事実です。
保険会社との間に代理店の存在があれば代理店が利益を得るために、保険料が膨らんで行くことになります。

代理店が介入していることが問題だったのか

任意保険に加入しなければならないと判っているものの、この不景気で、ガソリン代も高騰して、結局削減出来るものも任意保険と言うことになってしまうのです。
その任意保険に、代理店利息分が含まれていることを意識してください。

出来る限り出費を抑えたいと言うのなら、代理店を無視して、保険会社と直接やりとりする方法を選択してみてはいかがでしょうか。
そのような方法をダイレクト販売と言います。
中間マージンと言うものが発生しない為、無駄がありませんし、スリムな料金体系で加入することが出来ます。

更に賢い任意保険を追求する

リスク細分型ということも最近結構聞かれる言葉ですが、 その意味は年齢や性別、運転歴、使用目的、更に使用状況や車種、所有台数、安全装置の有無といった契約している人一人一人のリスクを判定して保険料が決められて行く方法のことを言います。
自分でしか自分のデータを見付けることが出来ません。
友だちが安いと言っても自分にとって安いのかも判らないです。

しかし最近では一括見積もりサイトのようなものもあり、自分にとって一番ベストな保険会社が見付けやすくもなりました。
ネットであなたにとって一番ピッタリの保険は絶対に見付かる筈です。

Comments are closed.

バイク保険について