事故防止の基本、ブレーキを見直す

ブレーキングとは

安全に運転するために大切なものの一つがブレーキングです。
ブレーキングと聞くとブレーキをかけることなので常に強くブレーキを踏まなければならないと思われることがあります。

しかし実際には強くブレーキを踏むことではないですし多くの場面では強く踏む必要はありません。
あくまでも適切な力加減でブレーキを踏んで速度調整をしたり車体の体勢を整えたりします。

ブレーキングで安全に停まることができれば事故なく運転できるのはもちろんですがコーナリングも楽しむことが可能です。
そのため安全運転はもちろんですが楽しくバイクに乗るためにもブレーキングのテクニックを身に着けることは欠かせません。

まずは心のブレーキを身に付ける

技術を磨くことはバイクに安全に乗ることはもちろん楽しく乗るためにも必要なことです。
しかしそれだけでは事故を起こすことなく運転することができません。
常に危険を予測して走ることも安全に走るためには必要です。

どれだけスキルがあっても危険に気付くのがおそくなってしまうと事故を引き起こす原因となってしまいます。
そこで大切なのが危険を予測しながら走ることです。

バイクや車は人間が運転しているので事故が起こるかどうかは運転をしている人にかかっています。
ライダーが常に危険を察知できるよう周囲に気を付けて運転をしておくことが大切です。
昔からいわれている心のブレーキをもって運転をすることも事故予防に大きく役立ちます。

ブレーキングで大切な前後のブレーキ

ブレーキングというのは様々な場面で必要です。
事故を回避するために停止する以外にも角を曲がるために減速することもあります。

どのような場面でも必要なスキルが前後のブレーキをバランスよく使うことです。
基本的には前後のブレーキは同時にかけますが状況によって力の加減をすることで効果的に制動力を発揮することができます。
前後のブレーキを適切なバランスで使えばブレーキをかけても着座位置がずれることもありません。

ライディングフォームもブレーキングでは大切

基本的なライディングフォームであるニーグリップはブレーキングでも大切です。
しっかりとニーグリップができていればバイクを下半身が抑えているのでブレーキングをした時の腕への負担が軽減できます。

腕への負担が軽減できるのは運転で疲れないだけではありません。
ニーグリップによって腕の自由度が上がるとハンドルの動きを抑えないようにすることができるため細かなハンドル操作ができるようになります。

ブレーキングというのは運転スキルとしてはとても地味なものです。
しかし安全を守るためには大切なテクニックであり日頃の心掛けが大切になってきます。

Comments are closed.

バイク保険について