コーナーは浅めのバンク角で効率的・安全に曲がる

白バイは独特のコーナリングフォームで曲がる

バイクは曲がるためには車体を傾けなければならないです。
速度が上がるほど傾斜は深まります。
そのためバイクに乗り始めたころはコーナリングへの恐怖心があったり苦手意識があったりする人も多いです。

苦手意識を持ってしまうとどうしても車体を傾けられなくなりがちですし自分の体も傾けられなくなってしまいます。
しかしうまく体や車体を傾けられないでコーナリングをしてしまうのは転倒する原因です。

白バイ隊員は運転中転倒することは絶対に許されません。
そのため日頃から練習しているのはもちろんですが自分の身を守りながらコーナリングをするスキルを身に付けています。
独特なコーナリングの方法を身に付けておくとどのような天候の中でも上手にコーナリングができるようになるのです。

白バイ隊員のコーナリングスキル

白バイ隊員はコーナリングであまり車体を傾けません。
その代わり上体をインのほうに入れることによってバランスを取りながら旋回力をキープするフォームが定番です。
こうすることで安全に曲がることができます。

特に雨が降っている場面では傾斜角を朝目にしてステアリングを大きめにとった走り方のほうが安全です。
このような走り方を白バイ隊員が行うのは、バンパーが路面に触れると競技会では減点されることが理由としてあります。

白バイ隊員のようなコーナリングをするためのコツ

白バイ隊員のようにコーナリングをするためには適切なスピードでコーナーに入ることが必要です。
速度は速すぎても遅すぎてもうまく曲がれません。
前後のブレーキを上手に活用して減速をしつつニーグリップの体勢でコーナーに入っていきます。

コーナーに入ったらフロントブレーキはあまり引きずらずに体重移動をして車体を傾けるようにしましょう。
倒しこみはとても速くてコーナーの入り口ではすでに傾斜角は最大です。

上体を入れて体重移動をすることによって倒しこみのきっかけにします。
インする側のステップの踏み込みやハンドリングといったことは意識しないで行えるようになると動きがスムーズです。

コーナーに入ったら傾斜角はそのままの状態で旋回するように進みます。
このときスロットルは一定です。
慣れるまでは怖くて手前に目線が行きがちですが少し先を見るようにすると姿勢がキープできます。

コーナーの出口に近づいたらスロットルを開けて加速しながら進むのですが、この時上体は少し前傾で体重はシートに預けるイメージです。
シートに体を預けつつ加速することで安定感が得られます。

コーナリングをするときには外足が大切です。
膝と太ももがしっかりとタンクに当たっていると傾斜角が安定しますしバイクとの一体感が高まり安定します。

Comments are closed.

バイク保険について