事故した時、相手が保険未加入だったら?

事故を起こしてしまった。
しかし相手が任意保険だけでなく自賠責保険にも入っていなかったというケースもあるかもしれません。

このような時、相手から損害賠償を得ることが出来るのでしょうか。
あきらめなければならない問題なのでしょうか。

原付バイクだから保険に入らなくてもいいというのは大きな間違いです。
原付に限らず、公道を走るすべての自動車・原動機付自転車は、自賠責への加入は 義務です。
ただし蓋を開ければ、経済力がなく自賠責保険の支払いが出来ないという人たちもいます。

政府の保障事業から保障を受けることが出来る

ただし、実際に自賠責保険に加入していないことは問題だとしても、政府の保障事業から保障を受けることが出来るので被害者の方々は一安心出来ます。
しかし、保険金の支払は自賠責保険と比較すれば時間が遅いとも言われています。
政府の保障事業は、ひき逃げ事故を起こした場合、加害車両が判らないと言う場合にも支払い手続きがとられることになります。

政府の保障事業によって自賠責保険同等の保障を受けることが出来ます。
時間がかかると言うのがデメリットであり、その間は加害者に治療費を支払いしてもらうか、自己負担をする必要があります。

健康保険を使用する

交通事故の場合、一般的に健康保険が使用出来ないと言う情報が流れているものの実際にそうではありません。
健康保険は交通事故の時でも有効的に使用出来る方法です。

それは健康保険法、国民健康保険法でしっかり定められています。
健康保険証を窓口に提出すれば、交通事故でも健康保険による治療を受けることが出来ます。

ただし、健康保険の利用ができないと断られるケースが実際にあるようです。
実際に利用するという時には、保険会社、保険代理店と言った場所で一度相談して病院と交渉をしてください。

交通事故では加害者が支払いするものという認識があまりにも浸透し過ぎてこのような思いこみが起こってしまったのかもしれません。
被害者において健康保険を使用するメリットは、治療費が定額になり、自由に治療費を設定していい自由診療と比較すれば、治療費自体が安く済むことです。

治療費の自己負担分だけ被害者の治療費となります。
被害者の最終受取額が増えるから、円満早期解決出来るという加害者においてもメリットがあります。

自賠責保険を甘く見ない

原付バイクの場合は車検がないことが落とし穴と言われています。
それでも最初に自賠責保険に加入すれば、 保険会社より自賠責保険の満期案内は届くことになりますが。

ただし友だちから原付を安く購入したという場合では、自賠責保険の満期案内が自分のところに届かないと言う場合もあるようです。
若い人たちが原付に乗っている場合は、親御さんもこのあたりのことに関心をもってあげることが必要です。

Comments are closed.

バイク保険について