盗難保険とは?

バイク保険の盗難保険、どういうモノ?

通勤でバイクを利用される方は多いです。
特に都市部は車よりもずっとバイクの方が動きがよく、晴れていれば毎日バイクという人も少なくないでしょう。
バイクは保険の引き受け上、転倒した場合、破損、盗難などの危険が四輪よりもずっと高くなります。
保険はリスクが高い方が契約者のニーズも高くなります。

最近は車の車上荒らしなどの盗難の事件が非常に多くなっているといいますが、バイクは四輪よりもさらに盗みやすく、二輪でも人気のある車種は、窃盗団等のグループで盗まれてしまう事もあります。

でもやっと購入したバイクを盗まれてしまうなんて、非常に悔しい思いをします。
バイク保険でも盗難保険に加入して、せめて、盗難されても補償がある状態にしておきましょう。

バイク保険の基本とは

自動車保険は保険を付ける対称車両の用と車種について、指定します。
自家用普通乗用車、二輪、原動機付き自転車なのか、こうした区別をつけて掛けることになります。

バイク保険は要路車種が二輪化、原動機付き自転車か、ということで区別され、一般的にはバイクにつける自動車保険をバイク保険という事が多いと考えておきましょう。

バイク保険の補償は、賠償責任保険、傷害保険、車輛保険の三つの補償があります。
そして対人賠償と対物賠償があり、搭乗者障害保険などがあります。

バイク保険の引き受け

バイクはその特性上、車とは危険度が全く違うので、バイク保険の引き受けについて、制限を受けます。
危険丼高いものについて、何らかの条件を付ける、もしくは保険の引き受けそのものを行わない、という事もあります。

医療保険で病歴があるとか、交通事故の事故歴があるのと同じようなものです。
バイク保険は賠償、障害、車両王位保険があり、制限として強いのはバイクの物のについての障害です

障害保険の部分は、保険会社によって制限がかかっていることがあり、これは事故や転倒というとき、危険度が車よりもずっとバイクの方が高いからです。

引き受けをしないという事はないと思いますが、継続契約、新規契約の違い、また補償額についていくらまでという制限がついていることが多いです。

バイク保険の車両保険とは

バイク保険の車両保険は入っておいてほしい保険ですが、自動車でも車両保険は非常に高くなります。
危険が多いという事もあり、ぶつかることも多いので、車両保険がかなり高額です。
契約条件によって違いがありますが、倍くらいになる事も珍しい事ではありません。

バイクに乗るため自動車保険に加入し、車両保険を付けるとしても、通常、バイクの車両保険では、盗難による損害は、補償の対象外となっています。
一般的に盗難についての補償がない保険が多いのです。
盗難についての補償がほしいという事なら、バイクの販売店などに確認してみましょう。

例えばロードサービス系の補償として、盗難保険に対応しているものがあり、Zutto Ride Clubなどがあります。

Comments are closed.

バイク保険について