弁護士費用特約とは?

バイクの保険、特約に弁護士費用は?

バイクの任意保険について先ず加入してほしいという事があります。
四輪と比較してバイクの任意保険加入は少なく、不況の時代には、二輪の保険を解約するという人が多かったのです。
でも、二輪は事故のリスクが高いので、まず、二輪の任意保険に加入していない人は、加入を考えてください。

弁護士費用については、多くの保険が特約となっています。
もしも交通事故を起こした、交通事故に合ったというとき、弁護士が交渉してくれるので心強いです。

弁護士をたてるとなるとかなりの費用が掛かりますが、保険の特約に入っている場合、弁護士費用も任意保険から補われ、支払う費用などありません。
被害者になったときにも、加害者になった時でも、対応してくれるので安心です。
弁護士以外、司法書士、行政書士による相談などを行った場合、また書類作成を代行してもらった場合でも、費用は保険会社が出してくれます。

弁護士費用特約に加入する事へのメリット

弁護士がかかわる事故を起こすリスク、これは確かに少ないのかもしれません。
それに多少とはいえ特約料金が高くなりますので、バイクの車両保険など、費用がかなり掛かることを考えると、特約も少なくしたいという事がわかります。

でも、弁護士費用特約そのものの保険料はたった数千円です。
その額で、もしもの時弁護士が自分の味方になってくれるのです。

弁護士費用が特約ではなく、保険商品そのものについている事もあるので、特約費用がもったいないという事なら、そうした保険に加入されてみるのもいいでしょう。
大抵は、弁護士が介入するケースの多くは、自分が被害者になった場合です。
弁護士費用特約を利用しても、この場合、棟急に関係がないので安心です。

特約で弁護士を付けることが有利な面

弁護士が介入する事故のケースでは、もらい事故などの運転者自身に過失がない交通事故です。
つまり自分が被害者になる交通事故です。

バイクの場合、大けがになる事もありますし、場合によっては命を落としてしまう事もあります。
運転者自身に過失がないという場合、自分の保険を利用して解決に向けて交渉等を行います。
でも、示談などが成立しない事もあり、被害者となっている自分が不利益とならないため日も、弁護士など法律の専門家が示談交渉等に動いてくれる方が安心です。
仮に裁判という事になっても、裁判の弁護までしっかり受けてくれるので安心です。

書類作成、事故の関係の相談など、弁護士は法律を駆使して保険契約者をしっかり守ってくれるので、弁護士特約はつけておく方が安心です。
バイクの事故は時に、命の危険性や、大けがになるという事もあるので、大けがをしていて損をしないように、しっかり弁護をしてもらうことが求められます。

Comments are closed.

バイク保険について