正しい乗車姿勢をマスターして安定したライディングを

白バイ隊員のような正しい運転姿勢を身に着けよう

バイクに上手に乗りこなすために大切なことの一つに運転姿勢があります。
誰もがバイクに乗るにあたっては事故のリスクがありますが事故を起こしたり被害にあったりしたいとは思いません。
街で颯爽とバイクに乗っている白バイ隊員のような乗車姿勢を身に着けると安全に走れるようになります。

白バイ隊員は常にバイクと一体になる乗車姿勢をとっており、これが上手にバイクに乗りこなすコツです。
ここでは白バイ隊員の運転姿勢で日常的にバイクに乗る中で役立つアイデアを紹介していきます。

リラックスして運転する

リラックスして運転をすると聞くと手抜きをして運転すると勘違いする人もいます。
しかし白バイ隊員の走り方で大切なポイントとなるリラックスというのは力を抜いて運転をすることです。

力を入れすぎると姿勢が悪くなってしまったりすぐの対応ができなかったりする場面が出てきます。
そこで臨機応変に対応するためにも必要最低限の力で運転をすることが大切なのです。

白バイ隊員は少し腰を引いて座っています。
これはハンドル操作をしやすくしてなおかつ長時間運転をしても疲れにくくするためです。
もちろん体型によってリラックスして運転できる座席位置は異なってくるので様々な位置で座り比べて程よく力が抜ける座席位置を探してみましょう。

体の各部分のポイント

乗車位置を少し後ろにすることで背中を少し曲げつつも上体を前傾させるようにして起こします。
この時腕に少し余裕を持たせることのできる位置が適切な乗車位置です。

頭は常に水平にします。
ただし目線は固定をせずに常に周囲を見るようにしてすぐに対応できることが望ましいです。
キョロキョロと目線を動かすよりは少し遠くに目線を置くようにすると視野が広がり早めに危険察知ができるようになりますしライディングフォームが整います。

肩に力が入ると腕や手も力が入ってしまいハンドル操作が遅くなる原因です。
運転が長くなってきたり道路状況で緊張したりしてきたら深呼吸をするようにします。
深呼吸をするとリラックスできるのはもちろんですが肩を下げられるようになり腕や手の位置も適切な位置に戻せるのです。

ニーグリップが大切

バイクと一体感を高めて走るためにはニーグリップが欠かせません。
ニーグリップというのは膝でバイクタンクを締めるようにすることです。

安定性を高めるためにニーグリップが必要とはいっても常に膝でバイクタンクを締め続けていると疲れてしまいます。
そこで普段の運転時はタンクに膝を当てる程度にして走るようにします。
カーブを曲がるときや加速するときなど状況に応じてニーグリップの強さを調整することがうまく運転姿勢をとるコツです。

Comments are closed.

バイク保険について