バイクのハイサイドとは?原因と防止策

慣れてきたときに起こりやすい、ハイサイドに要注意!

バイクの運転に慣れてきたタイミングで発生する事が多いのが、ハイサイドによる交通事故です。
ハイサイドは、コーナーなどで起こりやすい転倒トラブルの事で、死亡事故に繋がる一因となることもあります。

具体的には、コーナリングの際に車体をバンクさせた際、不意に車体が起き上がって、そのまま反対側に勢いよく倒れてしまう状況です。
あまりにも唐突に、ふとした瞬間に車体が逆方向に勢いよく起き上がるため、対応を仕切れずに、そのまま転倒に繋がってしまうことが、ハイサイドになります。

転倒だけでは無く、バイクごと転倒した結果、ライダーに向かってバイクが降ってくるような事態に陥る事もあり、非常に危険です。
周囲の車を巻き込んだ、大事故に繋がる事も多い為、事前に対策や原因を理解しておくべきでしょう。

ハイサイドの原因は、グリップ力の回復にある

ハイサイドはあまりにも唐突に起きるため、原因がわからないという初心者ライダーも多いですが、その原因が至って単純です。
原因は、突発的なタイヤのグリップ力の回復にあると言われています。

どういうことかというと、コーナリングの際には、減速をした瞬間、バイクのタイヤ前輪に大きな負荷がかかり、後輪のグリップ力が失われやすくなります。
その結果、無意識のうちに、後輪のスリップを防ごうとしてしまい、余計な操作を行ってしまった結果、ハイサイドが起こってしまうのです。

特に、アクセルを開けてしまう操作をした瞬間に、車体のバランスとグリップのパワーが維持できれば問題ありませんが、新米ライダーの場合は非常に難しいもの。
一連の動作を全て無意識下で行ってしまった結果、ハンドルのコントロールが利かなくなり、一瞬でハイサイドが起こってしまって、慌てた瞬間転倒事故に繋がってしまうのです。

安全運転を心がけて、無理な運転をしない

ハイサイドを防ぐ一番の対処方法は、コーナリングにさしかかった際など、無理な運転を行わず、減速をして、確実に進むという事が挙げられます。
カーブにさしかかる際には、スピードを出しすぎずに、バランスが多少崩れても慌てずに対応できる速度にすることが必要です。

また、慣れてきた頃が一番危ないと、日頃からしっかりと自制をすることが重要になります。
予め注意する気持ちを忘れないことが、ハイサイドを防ぐ重要なポイントです。

更に、ハイサイドが起こりそうになっても、慌てずに運転をする姿勢が大切です。
バイクの運転はハイサイドに限ったことでは無く、一瞬の操作ミスが命取りになる事も少なくありませんので、十分注意して運転をしましょう。
特殊な環境で運転する際には、より一層の注意が必要です。

Comments are closed.

バイク保険について