バイクをスムーズに扱う取り回しのコツについて

力任せにやろうとしても、取り回しは上手くいかない

力に任せて、腕だけで取り回しをしようとしても、バイクは100キロ近くある鉄の塊ですので、動かせる訳がありません。
力任せに押したり引いたりするだけでは、男性でも取り扱いが難しいですので、テクニックを学んでいくようにして下さい。

まず最初のコツは、バイクを支える際には、腕だけでは無く、腰を少し落して、体全体を使って支えることが大切です。
体の重心を下の方にしっかりと落して、下半身全体で、バイクを支えるイメージで動かしましょう。

これだけでも、バイクを支えることが楽になり、大きな負担無く、女性でもバイクを支えることが可能です。
押したり引いたり、方向転換をする際にも、この基本的なバランスを忘れずに、力を入れていくようにしましょう。

コツを掴んでスムーズに取り回しをしましょう

重心の基本的なポジションを覚えたら、バイクを押したり引いたりする際や、方向転換をするコツを掴めば、スムーズに動かすことが可能です。

まず、バイクを押したり引いたりする際には、進行方向に対して、上半身を真っ直ぐ保ちます。
バイクの方に体を傾けがちですが、そうすると、バイク転倒などの可能性があるため危険です。
基本的な重力のかけ方を忘れずに、足を少し後方に引いて、地面を蹴る感覚で、バイクを押していきましょう。

引く際には、足を少し前について、足で踏ん張るようにした状態で、腰で車体を押すようにしてみて下さい。
ゆっくりとやらないと、違う方向に力が入ってしまったときに、バイク転倒に繋がる可能性がありますので、注意が必要です。

押し引きになれたら、方向転換も行ってみましょう。
方向転換をする際には、ハンドルを進行方向に切りながら、自分の方に少し傾けつつ、取り回しをしましょう。
自分と反対側に傾けてしまうと、車重に耐えきれず、バイクの転倒に繋がってしまうため、注意が必要です。

正しい方法を覚えれば、力が弱い方でも出来る

バイクは力任せに動かそうとしても、百パーセント出来ません。
取り回しをスムーズに行うためには、基本的な姿勢、体重のかけ方などをマスターすることが大切です。

こちらをマスター出来れば、大型車でも、女性が扱うことは決して難しくありません。
力が弱い方でも、十分取り回しをすることができますので、まずは軽量のバイクから実践していって、感覚を掴むようにすると良いでしょう。

また、力の入れ加減などは人それぞれ異なりますので、少しずつ探っていき、バランスの良いポイントを掴んでみて下さい。
その人によって少しずつ感覚が異なりますので、言われた通りにやってしまうと、上手に支えられないようなケースもあるでしょう。

Comments are closed.

バイク保険について