覚えておきたい。パーシャルスロットルとは?

パーシャルスロットルをマスターすると、コーナリングが安定する?

アクセルを開けたまま固定、維持するアクセルワークテクニックの事を、パーシャルスロットルと呼びます。
ライダーとして是非とも身につけて起きたいスキルで、こちらのスキルを活用する事で、コーナリング性能が非常に高くなると言えるでしょう。

アクセルを開けたまま維持するというと難しいかもしれませんが、簡単に言うと、アクセルを固定して、一定の速度をキープする状態の事を指します。
ある程度一定に保つ技術力を身に付ける事で、通常走行時も走りやすくなりますので、長距離を運転する機会が多い方ほど、身につけておくと良いでしょう。

パーシャルスロットルの状態で走ることで、コーナリングだけでは無く、全体の走りの安定感がぐんとアップします。
バイクそのものの安定感も大きく増しますので、運転技術がそこまで無くとも、走りが上達する傾向があるでしょう。

コーナリングの安定感が魅力

バイクにとって非常に緊張感のあるタイミングが、コーナリングです。
体重移動やアクセルとスピードの調整、ライン取りなど、気にしないといけない事が多く、初心者ライダーの場合は特に、このタイミングで転倒事故が起きることも少なくありません。

そんな難しいコーナリングも、パーシャルスロットルをまず覚えてしまえば、立ち所に安定した走りをしやすくなります。
もちろん、他にも気をつけるベきポイントは多々ありますが、最初にパーシャルスロットルを覚えてしまえば、車体のブレが少なく、安定した走行をすることができるのです。

パーシャルスロットルをマスターすると、コーナリングだけでは無く、日頃の走りの安定感も増し、長距離運転しても疲れにくくなります。
日頃からツーリングに行く機会が多いという方は、まずはパーシャルスロットルを練習して、速度キープと安定性のある走りを出来るように、勉強してみましょう。

練習は日頃の走りの中で行う

パーシャルスロットルはとにかく慣れが重要ですので、走る際に、アクセルを一定の位置で固定しながら走行することを心がけて走ってみて下さい。
最初のうちは出来れば、見晴らしの良い直線の道で行うと、安心して走ることが出来るでしょう。

この際に、メーターを見て、一定のエンジン回転数を維持する事を目標に維持していくと、より安定した走りをすることができます。
安定することに集中しすぎて、速度超過してしまったり、前方に衝突してしまわないように、十分注意することが大切です。

車体にかかる重力や遠心力の違い、天候によってパーシャルスロットルの感覚が異なりますので、少しずつ調整してみて、理想のスポットを見つけるようにしましょう。

Comments are closed.

バイク保険について