信号のある場所でのバイクの安全な運転方法

左折する車両の隣には止まらない

左折する車両の隣、特に、バスやトラックの隣には、絶対に停車しないようにして下さい。
信号待ちを終えて、自分が直進をしようとしたときに、自分の存在に気がつかれず、そのまま左折をされて、巻き込まれ事故に繋がるケースが少なくありません。

普通車の場合も横に止まらないに超したことはありませんが、バスやトラックの場合と違って、バイクの存在に気がつきますので、事故に繋がらないことがほとんどです。
ですがトラックやバスの場合は、ミラーの死角に入ってしまおう物なら、誰も居ないとドライバーが勘違いして、迷い無く左折をしてきますので、注意をしましょう。

先頭に居る車両が左折をするという際には、出来るだけ近寄らない、もしくは、その車より少し先に止まって、自分の存在を確認して貰うようにして下さい。
この場合は、出来るだけ早く発進して、危険を回避することが大切です。

右折の際には対向車との距離をしっかり確認

右折をする際には、前方から来る対向車との距離をしっかりと把握し、確実に大丈夫というタイミングで発進しましょう。

バイクは急発進、急加速が出来る乗り物だからこそ、ある程度対向車との距離が離れていたら、飛び出してしまう方も少なくありません。
ですが、距離を見誤ってしまうと、ちょっとでも操作ミスをしてしまった際、右折が間に合わず、大事故に繋がる可能性があります。

バイク初心者の場合は特に、しっかりと前方を確認してから、余裕を持って発進しましょう。
また、対向車に気をとられて、信号を渡ってくる歩行者をはねてしまうという事故も少なくありませんので、必ずチェックした上でわたって下さい。

右折の際には他にも、同じ右折をする車に巻き込まれて転倒するというようなこともありますので、十分注意をしないと、非常に危険です。
原付バイクの場合と違って、125cc以上のバイクは、右折レーンを入らないといけない分、このような事も気をつけて下さい。

信号待ちは事故が起きやすい瞬間なので気をつけましょう

信号待ちをしている車の間をすり抜けて、出来るだけ前に進むというライダーは少なくありません。
ですが、このすり抜けをした結果、交通事故に繋がる事も多い為、初心者ライダーの場合は特に、無理をしないでしっかりと待つ運転をすることも必要でしょう。

車線変更をやたらとした結果、後続車に気がつかずに事故が発生したりするケースも多く、自分が事故に巻き込まれずとも、事故を引き起こすきっかけとなる事もあります。
自分さえよければ良いという考え方を捨てて、周囲に迷惑がかからないように、ルールとマナーを守った上で運転をするように、日頃から心がけてみて下さい。

Comments are closed.

バイク保険について