冬の道路を安全に走行するための対策

冬のバイクは安全対策が大切

冬になると寒さもありバイクに乗るのを避けてしまう人もいます。
しかしせっかくバイクがあるなら一年中乗りたいものです。

冬もバイクを楽しむためには安全対策が必要になります。
その中でも特に大切なのが雪道対策です。

生活の足としてバイクを利用している人は雪が降ってもバイクを運転する必要があります。
安全に雪道をバイクで走るために必要な装備と雪道の走り方は頭に入れておきましょう。

バイクで雪道を走るために必要なもの

車でも雪道を走るのは緊張感があるものです。
バイクは車と違って周囲を覆うものがないので余計に雪道対策が必要になります。

ブレーキが利かなくなってしまったりハンドリングがうまくできなかったりすることもあるので冬場はバイクに乗ることは決して推奨されていません。
しかし生活の足として必要な人や仕事でバイクに乗ることがある人は雪道でもバイクに乗ることが必要です。
そのような人は雪道対策をしてバイクに乗るようにしましょう。

バイクで雪道を走るためにはスパイクタイヤやチェーンが一般的です。
スパイクタイヤはスタッドレスタイヤをさらに強化したもので雪道のみで使います。
雪道以外の場所をスパイクタイヤで走ると道路を傷めるので雪深い地域での走行で使われるのが一般的です。

スパイクタイヤにチェーンをつけるとさらにブレーキが効くようになります。
ブレーキが効くようになり滑りにくくなるからといってスタッドレスタイヤやチェーンをつけることは普段の道と同じように走れるようになるわけではないので気を付けましょう。

雪道を走るための対策

雪道を走るためには服装も大切です。
寒い中を走るので厚着をしたり防寒効果のある服を選んだりという防寒対策をすることは多くの人がイメージしますが意外と防水対策は忘れてしまいます。

バイクで走っていると意外と周囲の車からの水を浴びますし服に付いた雪が解けることもあるので意外とずぶぬれになるものです。
そこで防水性のある洋服を身に付けるだけでなく丈の長めの長靴を履くようにしたりズボンのすそはゴムの入っているものを選んだりするようにします。

雪が降っているときに走る道は国道や幹線道路よりも住宅街や路地裏のほうが安全です。
普段の道が思うように走れないこともあるので日頃からいくつかのルートを確保しておくとスムーズに走れます。
特に大きな道は渋滞しやすいのでバイクでも思うように走れないことも多いです。

スパイクタイヤをつけていたとしても必ず安全とは言い切れません。
そこでグリップ走行をするようにします。
スロットルや体重移動、クラッチワークでバイクの車体をコントロールして進むようにしましょう。

Comments are closed.

バイク保険について