雨の日は要注意。ハイドロプレーニング現象の対処法

アクアプレーニングとも呼ばれる、ハイドロプレーニング

現象の特徴から、アクアプレーニングと呼ばれる事も有る、ハイドロプレーニング。
ハイドロプレーニングとは、タイヤの溝に入りこんでしまった水が、外に排出されずに走り続けた結果、転倒しやすくなる状態を指します。

ハイドロプレーニングが起きると、浮いているような走行感や、横滑りをしやすくなることが特徴で、ふいにハンドル操作が出来なくなるのが特徴です。
雨の日などにバイクに乗ると起こりやすい現象ですので、十分注意をしないといけないでしょう。

ハンドル操作が不能になった結果、命に関わる危険な転倒事故に繋がる可能性があります。
安全運転を心がけるためにも、ハイドロプレーニングの原因や、対策方法を事前に学んでおきましょう。

雨の日の運転には細心の注意を払って

ハイドロプレーニングを防ぐ為には、雨の日にバイクに乗らないことが一番ですが、どうしても乗らないといけない場合は、細心の注意を払って運転することが大切です。
雨の日を始め、路面が雨上がりで濡れている際に起きる現象ですので、通常よりも速度を落して、水が溜まるのを防ぐ事が良いでしょう。

速度を落して運転をするだけで、ハイドロプレーニングを防ぎやすくなり、転倒事故を防ぎやすくなります。
ハイドロプレーニング意外にも、雨の日の転倒事故を防ぎやすくなると言えますので、出来るだけ速度を落して走るように心がけましょう。

また、日常生活でメンテナンスを行って、タイヤを健康な状態に保つことが何よりも大切です。
タイヤの空気圧が適正かどうか、タイヤの溝がすり減っていないかどうかなど、タイヤの状態を確認して、正常な状態であるだけで、ハイドロプレーニングが起こる可能性を減少させられるでしょう。

定期的なメンテナンスを行わないと、タイヤの老朽化に耐えられず、ハイドロプレーニングが起きやすくなってしまいます。
大きな事故に繋がる前にも、定期的にチェックをして、必要に応じて自己メンテナンスをして下さい。

ハイドロプレーニングが起きたときにはあわてずに対処を

ハイドロプレーニングが起きてしまったら、ついつい慌てて運転を間違えてしまいがちですが、そうなると確実に転倒事故に繋がります。
少しでも危険を減らすためにも、とにかく焦らずに、まずそうだなと思ったら、端によって止まって、溜まった水を排出して下さい。

また、ハイドロプレーニングが起きた瞬間、焦らずに、ゆっくりとアクセルを戻していき、減速をしていきましょう。
急にブレーキをかけたりすると非常に危険ですので、出来るだけ体を真っ直ぐキープしたまま、スピードを緩めていくことが大切です。

慌てずに、冷静に、アクセル操作を行っていきましょう。

Comments are closed.

バイク保険について